代表者挨拶

平成1年度には、166万戸あった新設住宅着工件数が、平成29年度には94万戸に減少しており、
今後政府としては2020年までに、中古住宅流通市場やリフォーム市場の規模を倍増させるとともに、

良質な住宅ストックの形成を図るように推進しております。

 
時代はいつしか、環境問題を重視する風潮が定着し、もはやスクラップ・アンド・ビルドではなく、現存する社会インフラを如何に新築同様に再生するかを模索するようになっております。

 

中古不動産流通の活性化における重要な担い手としての誇りと責任を持ち、社会からの期待にお応えするべく事業に邁進してまいります。

今後とも一層のお引き立て、ご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役 藤田 佳佑